B-CASの周辺が騒がしくなってきている件

日本の権利管理のあり方が、コンテンツにレバレッジをかけて1利用あたりの金額が低くとも回転数をあげる、というのではなく、狭い範囲に利用機会や提供機会を囲い込むことで1利用あたりの収益を高めたい、という感じだと常々思ってまして、B-CASもその一部なのかなとか深く考えもせずに思ってました。
# 個人的にもTV買って葉書送るのは違和感ありまくりでよく覚えているわりには蒙昧な行動

が、どうやら、何かとあるようで、B-CASの周りの雲行きがいきなり(でもないか)怪しくなってきているので成り行きに注目しています。
総務省対B-CASみたいな??それとも対放送業界?? その場合は電機業界とNTTの位置付けは?? ダビング10でのゴタゴタが影響している??あるいはB-CASには実体がなくてARIBが実態だとすれば経済産業省もからみますかね。


通信・放送の制度や著作権関係で有名な池田信夫さんのブログから。
 → B-CAS社は会社法違反

Gigazineもいい記事書いてます。
 → 地デジの利便性を損ない、普及を妨げる原因となっている謎の私企業「B-CAS社」に行ってきました by Gigazine
 → 地デジで有名な「B-CAS」の財務状況が明らかになったので税理士に鑑定してもらいました by Gigazine

他のニュース。
 → B-CAS見直しが本格始動、「2011年までに改善策決め運用開始」 by ITPro
 → 法制度導入やB-CAS見直しなど放送の著作権保護を議論−見直しの具体案を求める声も by AV Watch

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM