ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル(スクフェス)の売上とか

酒を飲んで頭痛が抜けないので酔い覚ましがてらちょっと書きます。

ブシモプラットフォーム向けにKLabが開発・リリースしたラブライブ!スクールアイドルフェスティバル (スクフェス)が話題ですねー。

 → KLabの新作『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル』が超好スタート…売上ランキング5位に登場 Social Game Info
 → 「ラブライブ!」のiOS向けゲームアプリがトップセールスランキングで5位に 4Gamers

リリース直後で上位にきたので目立ってます。

なのでちょっと売上とかざっくり目安というか叩き台的なものを準備しておこうかと。

--------------------------

いやま、売上とかの前に、アイドルマスターとラブライブ!どう違うの?同じアイドルものでしょ?的な話も市場食い合うかどうかって視点からしなきゃならんのかもしれませんが、そこはまあカニバらないんじゃないですかね。

アイマスもラブライブも登場人物の年齢はそんなに変わらないわけですけど(アイマスの方がレンジは広い)、アイマスはアイドルたちは事務所に所属するプロであって、プロ意識欠くような言動しててもやっぱりプロ意識が通底している小気味よさがあるし、一方、ラブライブは高校の部活でプロではない(会長とかことりはともかく)、アマであるがゆえに爽やかさがキラキラしてますねえ。
というように、女の子たちの立ち位置が根本的に異なってるように自分は認識しました。

なので、むしろ比較すべきは女の子による高校部活ものとなると思います。
で、そこで比較するとして、代表的なもので、しかも音楽ものという共通点のある「けいおん!」なんかと比較しても、ラブライブ!は部活の目標がハッキリしていて達成感が心地よいし(「ガールズ&パンツァー」もそうですね)、けいおん!は目標がハッキリしていないがゆえの日常感が心地よい、と。
というわけで全く別物と捉えていいと思いますし、それぞれにそれぞれの良さがありますね。
うん、みんな美しい。

そんなわけで、少なくとも消費者的にはアイマスとラブライブは同じジャンルのものとしては映ってないと思います。そしてけいおん!とも違うジャンルと認識されてると思います。

あと客層。アイマスはもう8年にもなるIPなので、同じ大きいお友達でもより上の方に刺さってると考えるのが自然かと思います。

 # いやあ、それにしても目標あるっていいですねえ。
 # 明確な目標があるってのはゲーム向き?とか一瞬思ったけど、でもスポ根系のソーシャルゲームというかカードゲー流行ってないからそうでもないんですかねえ。

--------------------------

そしてようやく売上の考え方の話。

初速なんで凄く適当に見積りますけど、パズドラが2/18に900万、3/9に1000万、3/25に1100万、4/9に1200万、と足元15日前後で100万DLなので1日6-7万DLくらいの速度というのを参考にすると(あと最近の有力IPのアプリとかも参考に)、ラブライブスクフェスは今はiOSのみとはいえ初速ということも合わせて15日のリリースから2-3日経った今はDLは10万は見えてそうor届いてそうだなあという感想を持ちます。

初速なんで月間アクティブ率は100%として、課金率はどうなんですかね、普通は10%とかって感じだと思うんですけど、やはり初速なんで高めですかね。ARPUやARPPUはモバマス参考になるかなー。

モバマスはというと、登録300万以上、イベントから見えるMAUはだいたい30万。売上よくわからないけど、ランキングからすると去年一部報道であった月10億ってことはないように思う一方でそうはいっても月20億は多いかもなってことで、仮に月15億って適当(ほんと適当、根拠なし)におくとMAUベースARPUが15億/30万で5000円になりますね。

課金率もよくわからないけども他のゲームより高めなのであれば20%としてみましょうか。
(6万人、、、は多いですかね。モバマスCDのセールスやらアイマスBD/DVDのセールスからすると2-3万の恒常課金者はいるんだろうと思いますが)

そうするとARPPUは25000円。課金兵なら月25Kの課金であれば、あぁ普通か少ないかもねえ、って感じになるんだろうと思います。
課金率が他のゲームのように10%程度であれば、ARPPUは5万円。これなら課金兵の皆さんにも納得の数字でありましょう。
ということでMAUベースARPUの5000円の見積もりはそんなに酷く外れている数字ではないという根拠のない納得をすることにします。
 → 参考: 課金額150万円!! モバマス廃課金兵(※自称・三流プレイヤー)に直撃インタビュー ねとぽよ


あー、いや、、、、
ラブライブが似たようなIPだからといってもゲームデザインもゲームバランスも違うのでモバマスは本来は参考にならないんですが、とりあえず課金兵だとか札束で殴りあう格ゲーという言葉を生み出したモバマスほどには高くないだろうとは常識的に考えて思うものの、とはいえやはり初速なのでそれなりには高いはずだとも思えます。
課金率1割でARPPUがガチャ10回分とかだとARPU3000円なんだけど、こんなものでしょうか?

ということで適当に適当を重ねた根拠の極めて薄弱な憶測をしてみると、MAUとARPUの掛け算してにっこにっこにー☆億円というような月間利用額の目安が出ます。
App Storeランキングでこの位置にいるのなら、このにっこにっこにー☆億円の売上は違和感ないんじゃないかなあとか思いますが、皆さんいかがでしょうか。

で、この後いかに伸びるかは、イベント他でアクティブ率の維持、ARPUの維持、ができるかどうかっていつもの話題でしょうか。
加えてモバマスみたいにアニメ本編に出ないオリジナルキャラクターで人気出せるかどうかに個人的には注目してます。
 # 僕は神谷理華ちゃん!

それとAndroid版。Android版がリリースされてからの加速感が大事。パズドラはAndroid版出てからブーストしましたし。

それはそうと、IPのライセンス料とかブシモのプラットフォーム料とかのレベニューシェアってどうなってるんでしょう、ってのも妄想をするのに楽しそうですね。



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM