AP通信と「情報権力者」

承前で最近物議を醸しているAP通信の話もちょっと。

AP通信が何をどうしたがっているかについては
 → 「ニュース集約サイトは著作権侵害」:マードック氏の批判とAPの戦略(WIRED VISION) 4/8/09 日経BP
 → AP通信がニュース・コンテンツ保護の取り組み,無許可サイトには法的措置 4/7/09 日経BP
といったあたりをまず観て頂ければよいかと思いますが、これだと何がどう問題だかわかりにくいので、本件でずっと怒り心頭のTechCrunch(というかMichael Arringtonか)の記事も観て頂くのがよいかと思います。
まあ、一方聞いて沙汰するな、とはいうものの、リンクを張ったり引用するなということなので、APへのリンクは止めます:P
 → Web上のニュース警察になろうとするA.P.とその背後の問題点 4/6/09 TechCrunch
 → APがまたしても「フェアユース」の勝手解釈をしている。オバマポスターのShepard Faireyの著作権侵害を主張中 2/5/09 TechCrunch
 → ホットニュース:APは前世紀に生きている 2/22/09 TechCrunch
 → AP通信が私の著作権を侵害した。公正を求める。 6/19/09 TechCrunch
 → AP対ブロガーの引用ルールをめぐる論争が旧大陸に飛び火 6/19/08 TechCrunch

APは引用やリンクを認めず直接サイトに来てもらって広告収入を得るか、リンク・引用にお金を払ってもらおうということでしょうしこれ自体はよく理解できますが(後述するように自分の首を絞めるだけだと思いますけど)、問題は、つまるところ、自分たちは他のサイトやメールを引用をするのに他人のそれは一切認めないというフェアユースやインターネットの標準的なルールに従っていない、ある種のジャイアニズムの発現にあるということのようです。

普通に考えれば、APのやろうとしていることは情報コストの上昇につながるわけで、同等の(あるいは若干劣っていても)情報を供給する先が現れれば、多くの情報需要者がそちらに流れるてAPは自分の首を絞めるだけのことになるでしょう。経済学的にも経営理論的にも。

にもかかわらず、APがリンクや引用を禁止しようとしたり、自分は他者をリンクしたり引用したり、という行動に出るのは、自身が独占的なドミナントポジションにあると理解しているから、と推測しますが、それは私の目には情報について独占性を有している状況の下で、著作権の権利者としてではなく、著作権の権力者として振舞おうとしているように映ります。

情報の権力者ってのは、容易に思想の権力者に変容しうるわけで、APのやり方がTechCrunchの報ずる通りで、APの意識が私の推測する通りであるならば、その胡乱さと危険性を意識せざるを得ないように思います。

まあ、払うもの払えば色の付いてない情報を出すよ、という状況に留まるならいいのですが、取捨選択の出来ない程度まで情報を独占していて、色を付けられてもわからない、ということになるとかなりマズイです。

と、ここで先のモルドバとtwitterとドロモロジーとミームの話がつながるわけですが、APや他のマスの情報供給者に対して、引用やリンクをベースとしたCGM/UGCだけではない、user generated informationとでも呼ぶべき、ユーザ自身がプライマリソースを持つ状況すら生み出しつつあるtwitterをはじめとする各サービスにはものすごく期待しています。
 # 中国政府がtwitterを禁止していれば本物ですね:P

そしてそれはできれば資本関係が多様であった方が望ましいわけで、だから、個人的には、GoogleがDiggやTwitterやtumblrを買収していない状況に希望を見出している次第です。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM