twitterのプレゼンスが急速に増している件

twitterはオバマが使っているとかブリトニー・スピアーズが使っているとかという話題性先行の時期を過ぎて、本格的にクリティカルマスに到達して新メディアとしてユニークなポジションを築きつつあるような感じになってきていますね、という話をまとめます。

まず、ユーザ数については最近のニュースではUS内のユニークビジターが700万ということで、おそらくグローバルだと1500-2000万くらいでしょうか。FacebookやらMySpaceやらよりは1桁低いオーダーではあります。
# 日本は数十万の下の方だという噂。
 → すごいね!, Twitterブームが過熱 3/13/09 TechCrunch

で、同じくTechCrunchから非常に面白い記事。
 → Twitterについてはそろそろ検索エンジンとして考えるべきだ 3/6/09 TechCrunch

その辺も含めて新しいサービスの話はこのあたりでしょうか。収益化に本腰いれるのはもうちょっと後でもいいとは思いますが、収益モデルの試行錯誤すべき規模にきた、ということを示しているのでしょうね。
 → Twitter、収益化に本腰 日本担当の責任者も募集 3/27/09 @IT
 → Twitter日本語版、企業向けマーケティングパッケージを限定発売 4/1/09 CNET
 → Twitter、ユーザー向け地域ニュースサービス開始か 3/9/09 TechCrunch
 → Twitter、企業アカウントを有料化へ? 2/10/09 TechCrunch


・・・とこの辺で記事書こうと思ってたら週末にGoogleが買収しようとしてたけど断ったという話が。TechCrunchの勇み足のような気がしないでもないけど、internet.comの記事の通りで、示唆に富む話ではありますね。
 → 情報筋より: GoogleはTwitterの買収で交渉中(更新版) 4/3/09 TechCrunch
 → 情報筋より:Twitterは10億ドルでも売るつもりはない 4/4/09 TechCrunch
 → Google と Twitter の交渉は何を意味するのか 4/6/09 Internet.com


さて、以前私もTwitterのポテンシャルとか自然災害とセンサーネットワークとCGM・UGC(8/31/08)とかでtwitterについては書いてますが、そこで主張したかったことは、

- 通常のニュースメディアより情報速度が速いかも(上記のエントリ以降でもムンバイのテロや九十九電機の会社更生法はtwitterの速報性が発揮されてました)
- 最も速報性があるカジュアルな口コミメディア


というようなことでしたが、上記のクリッピングをまとめるとそんなシンプルな話にとどまらず、

- 検索エンジンの追加によってtwittsphere(トゥイットスフィア)へのアクセスとインデックス化が容易になり、これまでのブロゴスフィアやCGMより格段にフレッシュなマネタイズ可能なCGMの誕生
- 検索エンジン、メール、SNS以外の手段による(収益に直結する)情報への導線(リンク)の誕生
- 検索広告(P4Pとかリスティング)に次ぐor勝る新たな広告宣伝チャネルの誕生

というように、情報のフローに影響が出て、ネットの商流やバリューチェーンに大きく影響が出てくる可能性が出てきたことがいえそうです。

少なくとも、マーケティングチャネルの一部としてtwitterを意識する必要が出てきている感じでしょうか。国内では(デジタルガレージさん的には)具体例として、IKKOStyleを上げることになるんでしょうけど、最終的にコマースをやるとして、このサイト(ブログ)とmixiとtwitterのどれが導線として有効か、から始めて、どう変化していくか、という話でしょうか。

あと、ケータイとの連携を示す記事や分析はないんですが、日本ではおそらくiPhoneの普及とtwitterの利用はかなりリンクしてそうなので、ケータイ、GPSと連携させたプレゼンス、LBS、ライフログ系の話もこれから花開いてくるのでしょう。

そう考えると時間別・地域別などのターゲティング広告なんかもフレームワーク自体は作りやすそうなので、うまいこと時流に嵌ればiコンシェルとかデジタルサイネージとか何それおいしいの?くらいの勢いがつくこともあるかもしれませんね。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM