コンテンツ商流の変化

先の巡音ルカのエントリで、ニコ動がバリューチェーンそのものの変化をもたらしつつあるかも、というような話を書きましたが、早速というか、傍証となるようなニュースが出てきてますね。
 → YouTubeがCD購入のきっかけに 若年層で顕著
 → 音楽シーンに異変? 「初音ミク」チャートインの理由


ということで、自分の思うところをもうちょっと書いておきますと、

・消費者は今自分の目の前にあるものの中から好きなものを選ぶ
・消費者の可処分時間はネットにどんどんシフトしている

という前提に立てば、
・著作権侵害だなんだと喧しく騒いで殻に閉じ籠っていること
・きっちり権利処理をするなりしてネットの方に自ら攻めて行くこと
のどちらがより人口に膾炙できるかは最早明確になりつつあるのではないかと思えます。
# 損益計算書上の売上に直結するとも言えますね

そして、コンテンツを作るところまで踏み込めば、

・既存のバリューチェーンと既存の著作権の体系に安住する=オンラインにまったくといっていいほど出てこない大手レーベル(どことは明記しませんが)
・新たなチャネルに合致したコンテンツバリューチェーンを持つ=例えば初音ミクで新しい曲を作ってニコ動とYouTubeで流す

という流通チャネルの選択などのコンテンツ管理の方針の違いが、消費者の行動パタンの変化に応じてそのまま収益機会の差に直結しそうなこと、
# 損益計算書的には原価部分も含まれてきますね

さらに補足を加えれば

・ 既存のメディアから流行を作り出そうというマーケティング手法
・ 新たに人気を博しているメディアから流行を作り出そうというマーケティング手法

が上記の需要と流通チャネルとメディアとマッチングを行い、収益モデルを構築させうることの変化が生まれ始めているというところを感じるのでありました。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM