ChinaCache関連

Market HackでChinaCacheのIPOが記事になっていたので、関連する基礎的な情報を羅列しておきます。

 → ChinaCacheのウェブサイト
 → ChinaCacheのIPOリリース・・・Prospectus請求のメアドも掲載
 → ChinaCacheのtwitterアカウント
 → Bloomberg.comのCCIH
 → Money Investment value analysis of ChinaCache, ChinaNetCenter ・・・簡単な業績データとかバリュエーションとか。
 → 競合のChinaNetCenterのサイト

DeNAの天下网(tx.com.cn)への出資に関して

ちょっとメモ。
ソフトバンクのOPIというかXiaoneiへの投資のアップデートも兼ねて。

この分野、日本語はもとより、英語も資料が少なくて苦労しますね。
そろそろ真剣に中国語勉強しなきゃいけないかな。手遅れになる前に。
でも、丁寧にまとめて下さっている方々がいらっしゃるので大変ありがたいです。

 → DeNAのリリース 7/3/09 (※PDF注意)
 → 中国でも「SNS+ゲーム」が満開する兆し 9/11/08
 → 中国のSNS、国産サイトが上位独占 現地の強みはっきり 4/27/09
 → IVSで中国のモバイル企業の方々に会ってきました。 11/17/08
 → 中国のWebサービス 6/3/09

あとは一般的なニュースソースってこの辺がいいのでしょうか。もっと探す必要があるけれど。
 → Social Networking Services in China
 → SNS新生代 ComsenzのSNSのSNSみたいな感じ?
 → Little Red Book
 → ザイロン チャイナプレス


情報鎖国?

ってわけでもないのはTenCentの時価総額やバリュエーションが物語ってますが、言語の壁はやはり厚いのだなあと思ってしまったのが以下の記事。
 → 中国のSNS、QZoneはたしかに巨大だが、本当に世界一なのか

まあ、我々にとっては今や当たり前の存在のモバゲーやGREEにしたって、海外では、モバイルSNSというかモバイルコミュニティが3.5Gでどうなってるかそれなりに興味はあるけど情報がないというような話でしたし、TechCrunchに寄稿するSerkan Toto氏がいなければ英語メディアではほとんど見かけることがなかったはずで、このTenCentの記事と同じような状況だったといえそうです。

デカップリング論はもう古い流行になりつつありますけど、ネットの進化は特に東アジアで欧米のそれとは違う進化をしていて、このまま放っておくと、同じネットワークだしアクセスできるのにまったく違う世界が発生しているという面白い話が世界中のそこかしこで生まれてくるんじゃないかと思います。

広義のネットということで、ネットを利用するデバイスに関しても同じようなことがいえそうですが、デバイスなんかを意図的にガラパゴス化していくと、ベクシルみたいな世界もありえそうです。
ヤックデカルチャーですね:)


***2/25 リンク追加***
February 2009 Web Server Survey
中国QQのHTTPサーバーが、ApacheとIISに次ぐ存在に急浮上

中国版YouTube、56.comのインタビュー

中国は動画共有サイトは思いっきり外資規制が入ってしまったあたり、さすが一党独裁って感じですが、
# 日本もフィルタリングの一件を見る限りあまり笑えませんが

規制前に外資から資金調達した最大手、56.comの記事がcnetにあがってました。
躍進する中国最大のビデオ共有サービス56.com--YouTubeと異なる強みと戦略
日本市場に絡む話はeまちに聞くとよいようです。

そのうちSNSも規制入りそうですよね、中国。
それとも金盾があれば十分監視できますって話なのかな?

中国のSNS市場

ソフトバンクとOPI、ミクシィ、ディー・エヌ・エーのからみもあるので、とりあえずブックマーク代わりにもうひとつクリッピングしておきます。
中国のSNSの主要プレーヤー一覧、くらいな感じの記事です。

Chinese BBS - The Undiscovered Phenomenon in Chinese Internet
Old School BBS: The Chinese Social Networking Phenomenon

あと、リンク先記事でこんなのも。
Facebook vs Asia's Top Social Networks

Oak Pacific Interactiveに関するクリッピング

OPI関係でもうひとつ記事をクリッピング。
急成長する中国ベンチャー市場、VC投資の注意点とは
xiaonei.com以外にmop.comの会員数2600万人、1日9000万PVというデータも。

eBayが中国での利用料を無料に

5/7のinternet.comに表題の記事が出ていますが、ソフトバンクの説明会資料によればAlibaba系のTaobaoが84%、TenCent系のPaiPaiが10%程度だそうですから、Taobaoが「圧倒的No.1」なのか、記事の通りTaobaoとPaiPaiとeBayの「戦争の幕開け」なのか、見守りたいところです。

| 1/1PAGES |

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM